肌が弱いので毛の処理に神経をつかいます

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

女性であれば、ムダ毛の処理は必須事項だと思います。私も女性なので、ムダ毛の処理はずっと行っています。

腕や脚の脱毛は、季節によっては頻度を下げることもできますし、気が向いたときにカミソリで一気に処理できるので、そんなに面倒くさいとは思わないのですが、顔のムダ毛は季節を問わず見られてしまうので処理の頻度が高く面倒だと思います。

私は全身の肌が弱いのですが、特に顔は敏感で、カミソリ、毛抜きを使うと大抵赤くなり、痒みがでます。眉毛のムダ毛の処理をする時は、ひどいとニキビができてしまいます。

綺麗に見せようとしてムダ毛を処理しているのに、肌荒れを起こしたり、ニキビができていては本末転倒だと思うほどです。肌の強い方がとてもうらやましい。

学生時代、友人の女の子が、授業前の休憩時間に、ポーチからカミソリを出し、教室の中で顔や腕のムダ毛を剃り始めた事がありました。

私は唖然としたのですが、彼女にとってはごく普通の事らしく、「気づいたときにやらないと忘れて恥ずかしい思いをするから」と言っていました。

一体どっちが恥ずかしいことなのかわけがわからなくなりましたが、それも、彼女の肌が強いからできる事。

私がそんな事やったら、腕も、顔もヒリヒリになってしまい、授業どころではないと思います。